スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件の概要を振り返る5

そして、聞き取り調査は、クラスの者にも及ぶ。

まずは被害者少年が在籍しているクラスの34人の男子生徒への聞き取りが行われる。

しかし、34人はそれぞれ「いじめはないと思っている。仲間どうしのふざけあいだと思っていた」と言ったという。

その後、計70人に調査したが、「いじめはないと思っている。」と供述した。

70人とも、「本気のいじめではない」と答えていたという。

しかし、捜査が進んだ2007年9月に、学校側は再び男子34人に
「いじめはあったと思うか?」

という、アンケートを行う。

すると11人がイエスと答えたのである。

その後、学校側がいじめを認めたのである。

しかし、そこで新事実が発覚する。

なんと学校側がいじめのききとりを始めたのは事件2か月後の9月だったという。

そして、学校は「いじめがみつからなかったのは、生徒と少年が仲良かったと認識していたからだ」という。

そしてその後、学校は、事件の原因について答申を行う。


▼自殺した生徒と加害生徒の間の関係の悪化に教師が気づかなかった こと、
▼生徒についての教師間のコミュニケーションが十分でなかった

とまとめている。

しかし、実際はどうだったのだろうか??

続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

実名報道賛成

Author:実名報道賛成
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。